電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交通事故問題を
豊中千里中央の弁護士に相談

  • 交通事故解決実績8,694
  • 交通事故相談実績77,955
  • 2020年10月現在

あなたは今、どのような状況ですか

弁護士に相談・依頼するメリット

交通事故相談を弁護士に依頼するメリット

お早めにご相談ください

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼する最大のメリットは何でしょうか?慰謝料の増額や、後遺障害等級の認定サポートが受けられるといった点が大きなメリットといえますが、実は多くの方がおっしゃるのが「交渉を一任することによる安心感」です。

交通事故の示談交渉のほとんどは、加害者側の保険会社と被害者が直接行います。保険会社の担当者は交通事故の示談交渉に特化したスキルを有しておりますので、被害者が対等に交渉することは困難です。また、お怪我の症状で苦しんでいるときに、示談交渉に臨むのは精神的には大きなストレスとなります。弁護士に交渉を一任すれば、保険会社との示談交渉のストレスから解放されて、治療に専念することが可能です。

交通事故慰謝料の増額

慰謝料の増額

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリットの1つが慰謝料の増額です。交通事故で怪我をした場合、被害者は加害者に対して、怪我をしたことに関する慰謝料を求めることができます。

交通事故の慰謝料の算定方法は、「自賠責保険基準」、「任意保険基準」、「裁判基準」の3種類です。1番高額な慰謝料は裁判基準で、低額なのは自賠責保険基準となっております。通院日数や怪我の程度によっても異なりますが、同じ怪我であっても自賠責保険基準と裁判基準では2倍程度の開きがでることもあるのです。

被害者が加害者側と交渉した場合は、自賠責保険基準や任意保険基準で慰謝料が算定されます。一方、弁護士が交渉した場合は、裁判にならなかったとしても裁判基準によって慰謝料を算定することになります。つまり、弁護士に依頼するだけで、同じ怪我であっても受け取ることができる慰謝料が大幅に増額することができるのです。弁護士費用を支払っても手元に残る金額は大きくなります。

後遺障害認定手続きのサポート

まだまだ関係ないとは思わずに、早い段階で相談することが重要!

弁護士に交通事故の交渉を一任するもう1つのメリットが、後遺障害認定手続きのサポートが受けられるという点です。交通事故で怪我をして、一定期間適切な治療を受け続けても、これ以上の症状改善が見込めない場合は、「症状固定」と医師に判断されます。

症状固定となった場合は、それ以上は加害者側から治療費を受け取ることができません。治療を継続することもできますが、自費で治療費を支払うことになります。その際に検討するのが後遺障害等級の認定です。怪我によって後遺症が残っている場合、自賠責保険で定められている後遺障害の等級に該当すれば、後遺障害の慰謝料と逸失利益を受け取ることが可能です。

そのためには、「事前認定」もしくは、「被害者請求」という後遺障害認定の手続きが必要になります。事前認定は、加害者側の保険会社の担当者が損害保険料率算出機構に、必要な書類を送付して後遺障害に該当するかどうかを確認する手続きです。それに対して、被害者請求は、被害者本人が自賠責保険会社に対して、直接後遺障害の診断書や画像資料等を送付して、後遺障害の認定を受ける手続きです。

一般的には被害者請求の方が、後遺障害等級の認定には有利と言われていますが書類の用意や作成が煩雑で簡単にできるものではありません。しかしながら、弁護士に依頼すれば弁護士がすべての手続きを行います。

豊中市・千里中央で交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われたお怪我をされた方は、加害者との交渉を進める前に、ベリーベスト法律事務所 豊中千里中央オフィスの弁護士にご相談ください。当オフィスでは、全国のベリーベストグループで培った交通事故の示談交渉のノウハウを基に、全力でサポートいたします。

交通事故の示談交渉は、交通事故で怪我をされた方にとっては非常にストレスがかかるものです。保険会社の担当者の多くは被害者に親身になって対応をするものの、加害者側の保険会社という立場ですので、被害者の利益を最大限に考えるというものではありません。また、治療日数や、慰謝料の金額などについては利害が一致しません。

保険会社の担当者は、交通事故の示談交渉に特化しておりますので、被害者の方がその交渉において有利な立場に立つことは困難です。また、交通事故で怪我をされているという精神的にも肉体的にも辛い状況で、交渉を続けることは大変大きなストレスとなります。

また、交通事故の賠償においては、「慰謝料」が被害者の受け取ることができる主なお金の1つとなります。しかし、慰謝料の金額は、被害者が保険会社と直接交渉をしている場合、1番低額な「自賠責保険基準」で算定されることが多く、十分な金額を受け取れるとは言えない状態です。しかしながら、裁判になった場合や弁護士に依頼した場合は「裁判基準」という高額な慰謝料算定基準で慰謝料が計算されます。同じ怪我であっても算定基準によって、慰謝料が増額されるのであれば、それに越したことはありません。

怪我で通院をすれば、それだけ治療費や交通費といった保険会社から補償される実費以外にもさまざまな出費がかさみます。通院した日は、自炊ができずに外食になってしまうこともあれば、症状が辛くて思うように家事ができずに支出が増えることもあるでしょう。思うように体が動かせない状態で、出費が増えてしまうと精神的にも不安定になってしまいます。しかし、十分な慰謝料を受け取ることができるのであれば、前向きに治療に専念でき、交通事故による日常生活への影響を最小限に抑えることができるのです。

私たちベリーベスト法律事務所 豊中千里中央オフィスでは、交通事故の被害者さまから多くのご依頼をいただいております。交通事故の被害に遭われた方が安心して治療に専念できるように、示談交渉から後遺障害の認定手続き、示談完了までのすべての交渉をお任せいただけますので、まずはお問い合わせください。交通事故の法律相談は、初回相談料が60分間無料です。また、弁護士特約にご加入の方は、特約の上限金額までは自己負担なくご依頼いただけます。示談交渉や慰謝料の金額に心を煩わされることなく、治療に専念するためにも、私たちに交渉をお任せください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

豊中千里中央オフィスの主なご相談エリア

豊中市石橋麻田町、稲津町、今在家町、大島町、岡上の町、岡町、岡町北、岡町南、春日町、神州町、北条町、熊野町、栗ケ丘町、桜の町、三和町、柴原町、島江町、庄内幸町、庄内栄町、庄内宝町、庄内西町、庄内東町、庄本町、城山町、新千里北町、新千里西町、新千里東町、新千里南町、末広町、千成町、曽根西町、曽根東町、曽根南町、立花町、玉井町、大黒町、刀根山元町、野田町、服部寿町、服部西町、服部本町、服部南町、服部元町、服部豊町、原田西町、原田元町、東寺内町、東豊中町、日出町、広田町、二葉町、宝山町、豊南町西、豊南町東、豊南町南、蛍池北町、蛍池中町、蛍池西町、蛍池東町、蛍池南町、本町、待兼山町、宮山町、山ノ上町、若竹町、箕面市粟生外院、粟生新家、石丸、稲、今宮、小野原西、小野原東、萱野、外院、船場西、船場東、西宿、白島、坊島、吹田市青山台、上山田、千里万博公園、高野台、竹見台、津雲台、藤白台、古江台、山田丘、山田北、山田西、山田東、池田市、茨木市、豊能町、能勢町にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ