電話でのご相談予約はこちら

0120-393-041

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

B型肝炎訴訟を
豊中千里中央の弁護士に相談

和解実績
11,349
獲得金額
1,004
(2020年10月現在)
clip
無料 最短60秒で診断 B型肝炎給付金診断

元号:

Q1生年月日は?

Q2

Q3

Q4

Q5

弁護士によるB型肝炎訴訟で給付金が支払われる理由

弁護士によるB型肝炎訴訟で給付金が支払われる理由

B型肝炎患者のうち、一定の基準を満たしている方は、国に対して裁判を起こし、和解が成立すると給付金を受け取ることができます。

日本では昭和23年7月1日から、昭和63年1月27日の期間、ツベルクリン反応検査や予防接種などの国の集団予防接種事業において注射器や注射針が使い回しされていました。そして、注射器の使い回しによって、推計で40万人以上の方がB型肝炎に感染したとされています。しかし、国の集団予防接種事業等が原因でB型肝炎に感染した方々は、被害者でありながら国からの補償を受けることができず、被害者の経済的、精神的負担が多い状態でした。

そこで、平成元年に5人の被害者が国に対して損害賠償請求を求めて集団訴訟を提起したのです。平成18年に国の敗訴が確定した後、全国各地で集団訴訟が起こされました。

最終的に、平成23年に国と全国B型肝炎訴訟原告団の間で「和解に関する基本合意書」が締結されました。この合意書に基づいて、和解成立後は速やかに被害者へ給付金等を支給するよう定めた「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」(B型肝炎特別措置法)が施行されたのです。

2020年現在、国からの損害賠償を受けるためには、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」に基づき、裁判を起こして和解を成立させる必要があります。和解が成立した場合、症状に応じて50万円〜3600万円の給付金を受け取ることが可能です。

給付金が貰える条件

豊富な解決実績

相談実績
207,066
提訴実績
15,367
(2020年10月現在)

豊中千里中央でB型肝炎訴訟の解決実績が豊富な弁護士をお探しの方へ

実績の棒グラフ

B型肝炎は、弁護士に医学知識が必要とされる、特殊な分野です。
ベリーベストでは、肝臓専門医療機関と連携し、解決実績が豊富な弁護士がB型肝炎専門チームを組んでカルテ等の証拠収集のサポートなど、お客様にご負担をおかけしないサポート体制が整っています。

巽 周平


ベリーベスト法律事務所
B型肝炎チーム リーダー
弁護士 巽 周平
(第二東京弁護士会)

豊中市・千里中央でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

豊中千里中央でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

千里中央近隣にお住まいで、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼したいとお考えの方の多くは、「どの法律事務所に依頼したらよいのかわからない」とお悩みではないでしょうか。大多数の方は、弁護士とは縁遠い生活をしており、いざというときにどの法律事務所に相談すればよいのかわからないものです。実は弁護士には注力分野や得意分野が存在しており、すべての弁護士がありとあらゆる案件に精通しているとは限りません。

B型肝炎訴訟を依頼する場合は、一定の医学的知識と、B型肝炎訴訟のノウハウを有している弁護士が適任となります。また、費用面についても相談段階で明確に提示する弁護士が望ましいです。費用倒れにならないように、きちんと事前に説明を受けておく必要があります。
ベリーベスト法律事務所 豊中千里中央オフィスでは、全国のベリーベストグループのネットワークで蓄積されたB型肝炎訴訟に関する知識のノウハウと知見によって、B型肝炎訴訟に関する最善のリーガルサービスを提供することが可能です。B型肝炎訴訟をご依頼いただいた場合の費用についても、相談の時点で丁寧にご説明いたします。

千里中央近隣にお住まいの方で、B型肝炎訴訟を依頼する弁護士を探している方は、ベリーベスト法律事務所 豊中千里中央オフィスの弁護士にお任せください。

費用

ご相談、調査費用、着手金は無料!

相談料+調査費用+着手金=0円 相談料+調査費用+着手金=0円

お客様にお支払いいただくのは弁護士費用だけ!

弁護士費用 = 給付金の13%+6万円 弁護士費用 = 給付金の13%+6万円

例)給付金が2500万円の場合

国からの給付金2,500万円-弁護士費用(325万円[13%]+6万円=計331万円)=お客様の受取2,169万円

※弁護士費用は給付金の「17%+6万円」を頂いておりますが、国から4%支給されますので、実質負担は「13%+6万円」となります。

豊中市・千里中央でB型肝炎訴訟をお考えの方へ

ご自身やご家族がB型肝炎で苦しんでおられる方は、一度ベリーベスト法律事務所 豊中千里中央オフィスにご相談ください。当事務所では、ベリーベストグループで蓄積したノウハウと知見をもとに、B型肝炎の給付金手続きをサポートしています。

B型肝炎は、肝臓がB型肝炎ウイルスに感染し、炎症を起こす病気です。肝臓が炎症を起こしている状態を肝炎といい、肝炎の状態が継続すると、慢性肝炎となり、肝硬変や肝臓ガンに進行するリスクがあります。

国が行った集団予防接種による注射器や注射針の使い回しによって、多くの方がB型肝炎に持続感染してしまったことから、国は被害者に対して給付金を支給しています。被害者数の推計は40万人以上です。

給付金を請求するためには被害者が国に対して損害賠償を求めて裁判を起こすことが必要です。裁判の手続きは必要な書類が多く、手続きが煩雑であることからか、大多数の方がまだ給付金を請求できていない状態です。

B型肝炎訴訟を起こすためには、「対象者かどうかの判断」と、「必要書類の用意」、「訴訟のための書類の作成」という3つの作業をする必要があります。

しかし、給付金の対象者かどうかを正確に判断できずに諦めてしまう方も少なくありません。また、原則として母子手帳や予防接種の台帳などが必要なため、すぐに入手することが難しいと感じ、書類を集めている途中で挫折してしまう方もいるようです。さらに、訴訟のために訴状を作成するなど、負担が多い作業が続いてしまいます。

B型肝炎給付金を受け取りたいと考えている方の多くが、現在進行形でB型肝炎に苦しんでいる方や、そのご家族、またご家族をB型肝炎で亡くされたご遺族の方です。心身ともに健康な状態であっても、大変な作業ですので、B型肝炎に苦しんでいる方やそのご家族、ご遺族にとっては負担が多すぎる手続きといえるでしょう。

ですので、これから訴訟を検討している方は、弁護士に手続きを一任することをおすすめします。弁護士に依頼する場合は、弁護士に支払う報酬がネックになるという方が少なくありませんが、弁護士に依頼した場合は給付金にプラスして国から弁護士費用が支払われます。国から支給される弁護士費用は、給付金額の4%相当です。弁護士費用のすべてがまかなえる訳ではありませんが、自己負担額は少額になります。

ベリーベスト法律事務所 豊中千里中央オフィスは、全国ネットワークのベリーベストグループの一員ですので、B型肝炎訴訟の豊富な解決実績を有しております。初回相談料・着手金は必要ありません。証拠集めや書類の作成などを全力でサポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

厚生労働省 B型肝炎訴訟の手引き ご自身での提訴を考えている方へ(説明編)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-393-041

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

豊中千里中央オフィスの主なご相談エリア

豊中市石橋麻田町、稲津町、今在家町、大島町、岡上の町、岡町、岡町北、岡町南、春日町、神州町、北条町、熊野町、栗ケ丘町、桜の町、三和町、柴原町、島江町、庄内幸町、庄内栄町、庄内宝町、庄内西町、庄内東町、庄本町、城山町、新千里北町、新千里西町、新千里東町、新千里南町、末広町、千成町、曽根西町、曽根東町、曽根南町、立花町、玉井町、大黒町、刀根山元町、野田町、服部寿町、服部西町、服部本町、服部南町、服部元町、服部豊町、原田西町、原田元町、東寺内町、東豊中町、日出町、広田町、二葉町、宝山町、豊南町西、豊南町東、豊南町南、蛍池北町、蛍池中町、蛍池西町、蛍池東町、蛍池南町、本町、待兼山町、宮山町、山ノ上町、若竹町、箕面市粟生外院、粟生新家、石丸、稲、今宮、小野原西、小野原東、萱野、外院、船場西、船場東、西宿、白島、坊島、吹田市青山台、上山田、千里万博公園、高野台、竹見台、津雲台、藤白台、古江台、山田丘、山田北、山田西、山田東、池田市、茨木市、豊能町、能勢町にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ